【宅建】資格スクエアのオンライン講座を徹底解説!評判や口コミをとことん調査!

資格スクエアの宅建講座は、いつでも・どこでも・何度でも学習できるような環境作りに特化しており、全ての講義がオンラインで行われます。

また、これまでの合格者のデータや脳科学のデータ、学生のデータを元に学習カリキュラムが組まれており、最先端の学習法で合格まで導く資格講座です。

認知度は大手の通信講座ほどありませんが、他の講座ではなかなか味わえないような学習スタイルなので新鮮味もありますし、ホームページでも謳っているように「通学講座」でも「通信講座」でもない新しい資格講座のあり方を実践されているので、一見してみる価値アリです。

今回は、そんな資格スクエアの宅建講座について徹底レビューしていきたいと思います。

事前に資格スクエアの公式サイトで予習!

資格スクエアの宅建通信講座の概要

講座コース
宅建合格パック
教材内容
■テキスト
市販テキスト+オンラインレジュメ
■講義
通信講座専用に撮影された講義映像(WEB視聴)
eラーニング環境
あり(講義視聴)
サポート内容
なし
割引制度
なし
※使用する市販テキストの無料配布キャンペーンは期間限定である
キャッシュバック・返金制度
なし
教育訓練給付制度(指定講座)
なし
単科受講・オプション受講
なし
サンプル教材の提供
無料会員登録をすればサンプル講義・レジュメの視聴が可能
公式サイト
 資格スクエア 公式サイト

資格スクエアの宅建通信講座の特徴

オンラインに特化した新しい通信講座

資格スクエアで特筆すべき点は、まず全ての講座がインターネットを介した学習スタイルを取っているところです。

他の通信講座と比べても、講義で使用するレジュメや単語帳登録機能などの利用価値の高い機能がオンライン上にたくさんあり、いつでもどこでも勉強できるのが強みです。

もちろん、スキマ時間でも学習できるように「倍速再生」などの機能も備わっており、最大で学習時間を1/3にすることも可能です。

また、こういったインターネットを介した講座にありがちな「管理画面(マイページ)が見にくい」というようなこともなく、比較的スッキリと見やすい画面で操作に困ることも少ないと思います。

コストカットで低価格での提供を実現

資格スクエアは通信講座に特化しているので教室などの賃料が不要なため、受講料に関しても比較的リーズナブルに押さえられています。

公式サイトでも校舎や宣伝費はコストカットしていることを明言していますし、余分なところを削ることで低価格で我々に講座を提供してくれています。

その他、わかりやすい例では「資料請求」が挙げられます。

資格講座の資料といえば、DVDのサンプルや案内の冊子などなど盛りだくさんで送られてくるのが一般的ですが、資格スクエアはこのあたりのコストカットも徹底。

そういった郵送物は一切無く、シンプルにPDFをダウンロードしてパンフレットを確認できるようになっており、ワンクリックで講座の内容を確認できます。

満点を狙わないピンポイント学習

宅建を受験する方は試験で満点を取るのが目標ではなく、試験に合格することが目標ですよね?

こういった資格講座でももちろん受講生を合格に導くためにカリキュラムを組んでいますが、正直、試験には出てこないような部分も学習している場合が多いです。

資格スクエアでは「試験合格」にポイントを置いているため、最短で合格にたどり着けるように試験に出ないような箇所は極力省いて構成されています。

また、宅建試験は過去問からの焼き直しが7~8割を占めるという傾向があるため、アウトプットの期間では過去問を徹底的に行い、その後に周辺知識をインプットしていくという流れを採用しています。

インプット→アウトプットが勉強の基本だと思うので、このあたりは結構斬新ですよね。

もちろん試験合格はあくまで通過点で、その先で宅建として活躍したいという方は各分野を網羅している講座の方がいいと言えます。

その他の特徴を公式サイトでチェック

資格スクエアの宅建通信講座に関する評判・口コミ

実際に資格スクエアの宅建講座を受講された方々の評判・口コミを集めてみました。

受講料の安さや独自のシステムに着目した口コミが多くあり、それぞれタイプの違った方がどのように有効活用していたかなども口コミの中に見受けられましたので、是非参考にしてみて下さい。

20代 男性
スキマ時間を勉強に充てられる、サラリーマンの味方!
私は普段サラリーマンとして働いており、勉強に時間をあまり費やすことができなかったため、通勤時間なども有効に活用できるような学校を探していたところ、資格スクエアさんを見つけました。他にもスマホで受講できる通信講座は複数あり、それらを比較検討しましたが、最終的には価格も安く適度な講義量があり、キャッシュバックキャンペーンも魅力的だったこともあり、受講を決めました。
営業という職業柄電車移動も非常に多く、その移動の時間も学習に充て、スキマ時間を本当に有効的に活用ができました。さらに資格スクエアの良い所は、徹底的に効率を追求しているところにあります。他の講座にはないデータに基づいた内容となっており、頻出ポイントや要点を的確に押さえてくれていたので、レジュメも薄くて、分厚い教科書が大の苦手だった私もやる気を失わずに講義を受け続けることができました。先生は動画の中でもしきりに過去問の重要性をおっしゃっていたので、講義を聴いては過去問を解くというサイクルを徹底しました。学習方法はブレずに講義→テキスト→過去問という流れで、手を広げ過ぎることなくそれだけをやり続ければ、自然と知識は自分の身になっていくと思います。これも資格スクエアさんの膨大なデータに裏付けされた勉強方法なのでしょう。私と同じように、スキマ時間をなんとか有効的に活用して宅建合格を目指したい方にはオススメの学校だと言えます。

20代 女性
スマホでいつでも学習できた
私は旦那が宅建を受けるということで、「どうせ教材を買うなら二人で一緒に勉強しないか?」との誘いがあり、確かに国家資格を持っていたら転職などにも有利だし、将来役立ちそうという理由で軽い気持ちで勉強を始めました。その当時、子供がまだ1歳になったばかりで、仕事や育児、家事もしながら宅建の勉強に取り組むというのは、想像以上に時間の制約が大きく難しかったです。1年目は勉強がとてもではないが追いつかず、受験までもたどり着けませんでした。迎えた勉強2年目、もっと効率よく時間を使えるような講座はないかと探し始め、こちらを見つけて受講。わざわざ講義の為にパソコンを立ち上げる必要もなく、動画再生も全てスマホで出来る点が魅力的で、朝晩の子供が寝ている時間や家事の合間でも勉強できたのは本当に良かったです。
また、私の場合は少なからず1年勉強したということで多少なり知識は持っていたため、講義は苦手分野を中心に受講しました。あとはひたすら過去問を何度も繰り返し行い、苦手分野でもちゃんと点数が取れるよう学習しました。これから資格スクエアで受講しようか迷われている方は、私のような使い方をするのもオススメです。これも通学講座ではできない特権だと思います。

30代 男性
料金は安く、キャッシュバックキャンペーンも魅力!
私が資格スクエアを選んだ理由の一つとして、料金が他の予備校に比べてはるかに安かったことがあげられます。それだけでも嬉しいところですが、さらに合格した場合はキャッシュバックキャンペーンもあり、モチベーションの維持もできるなと考え、受講を決意。先生も実績のある方が教えてくれることもあって、聞き取りやすく、ポイントをしっかり整理して講義を進めてくれました。
先生の言葉で印象に残ったのは「過去問を五年分完璧にすれば宅建試験は受かる」とおっしゃっていたことです。私は記憶力があまりないので、過去問15年分の問題を完璧にすれば絶対に受かると思い、講義を聴いては過去問をひたすら解くという繰り返しをしていました。かれこれ15年分を12周はしたと思います。それだけやってもやはり苦手分野というのは出てくるもので、私の場合は税金の分野がとにかく苦手で、割と勉強を後回しにしていました。なんとか試験には合格しましたが、今思えば何度でも再生できる講義なのだから、苦手な分野をもっと突き詰めて勉強しておいても良かったなと思いました。独学で参考書を買って勉強するのも安くついていいかもしれませんが、それだとどうしても理解できない箇所が出てきます。資格スクエアの講義はとても分かりやすく今まで丸暗記に頼っていた部分がすんなり理解できることによって定着が早くなりました。

その他の評判・口コミをチェック

実際にサンプル講義を視聴してみました!


資格スクエアで無料会員登録を行うとサンプル講義を視聴できますので、実際に試してみました。

上記の画像はパソコンで視聴した時のものですが、左上に講義動画があり、右側に講義のレジュメが出てきます。

講義動画を視聴しながらレジュメも確認できるスタイルになっており、右下にある【単語帳を作る】というボタンを押せば自分オリジナルの単語帳を作ることができます。


ちなみに、その横にある【質問をする】ボタンは、質問サポートがついている講座でのみ有効なので、宅建講座では使用不可となっています。

それなら最初からこのボタンを無くしておいてほしいですけどねw

また、スマホでの視聴も可能なので試しに観てみましたが、iPhoneだと映像を再生するとプレイヤー画面になってしまい、パソコンの時のようにレジュメを見ながら受講するということができなくなってしまいました。

ただ、音声のみに切替える事は可能ですので、スマホの場合は音声のみに切替えてレジュメを見ながら授業を受ける形が一番いいのではないかと思います。

で、肝心の授業内容ですが、こちらは初学者でもわかりやすいように丁寧に噛み砕いて解説されており、理解しやすいのではないかといった印象でした。

資格スクエアの管理人的評価

資格スクエアの宅建通信講座 評価
教材クオリティ 15pt
カリキュラム 10pt
受講料(安さ) 15pt
サポート体制 5pt
運営実績 10pt
【総合評価:55pt】

動画教材のクオリティはなかなか高く、見やすさや使い勝手も問題ないのですが、「オリジナルの教材ではない」という点が人によってはマイナスに捉えられる方もいるかと思いますので、”◯”の判定に。

また、受講料も通信講座特化型だけあって校舎の賃料なども不要なので低価格を実現していますが、コスパとして考えたときにそこまで魅力的かと言われると、管理人としては「う~ん…」となってしまいます。

もちろん安いのはいいのですが、質問サポートも特になく、悪く言ってしまえば「売ってしまったら後は勝手にやってね」という感じで、独学に動画講義が観れるようになった程度とも捉えられます。

実際、独自のEラーニングシステムを取り入れているとはいえ、問題演習機能も備わっていないので、過去問は別途必要となってきます。

独学だけでは多少不安があるから講義動画も見て不安を取り除きたいという方は、受講料も安いのでオススメの講座だといえますが、それ以外の方にとってはそこまでオススメできるような内容ではないと判断しました。

Checkこんな方におすすめです!
  • ITシステムを活用した効率的学習を実践したい方
  • 少しのスキマ時間でも勉強に充てたい方
  • 受講料が安い通信講座を探している方
  • 初めて法律系の資格勉強に取り組む方

まぁ、とはいえ動画教材のクオリティとしてはなかなかだと管理人も思いますので、実際にサンプル動画を確認して判断してみて下さいね。

※無料会員登録でサンプル講義動画が観られます。
公式サイトで今すぐ無料会員登録してみる


コメントは受け付けていません。

2020年度向け 宅建通信講座の人気ランキング!

 フォーサイト

フォーサイトの宅建通信講座

講座オリジナルのフルカラーテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン映像講義と教材クオリティはピカイチ!サポート体制も充実してるので初学者の方も安心して受講出来るおすすめ講座です!

詳細ははこちら

 クレアール

クレアールの宅建通信講座

合格必要得点範囲を短期間で確実に習得することをコンセプトにした『非常識合格法』を軸に、宅建指導歴27年のベテラン講師の講義で超効率的な試験対策を実現!業界最安水準の受講費用も魅力的です!

詳細はこちら

 スタディング

スタディングの宅建通勤講座

全ての教材がオンライン上で完結している次世代のEラーニングシステムを採用!スマホがあれば通勤途中や外出先での空き時間をフルに勉強時間に変換可能!無料講座があるのでまずはそちらを要チェックです!

詳細はこちら

【目的別】宅建の通信講座を徹底比較!

目的にあった通信講座を比較しよう!
当サイトでは、宅建受験生のさまざまなニーズに対応出来るよう、条件に応じたおすすめの通信講座を以下の記事でピックアップしてご紹介しております!ぜひチェックしてみてください!

【宅建】初心者・初学者向けの通信講座
【宅建】学習経験者・受験経験者向けのおすすめ通信講座
【宅建】スマホで勉強出来るおすすめ通信講座
【宅建】厳選7万円以下!とにかく受講料が安いおすすめ通信講座
【宅建】ニンジン作戦でやる気アップ!合格祝い金・キャッシュバックが付いてる通信講座まとめ
【宅建】教育訓練給付制度の指定講座