【宅建】スタディングの宅建通勤講座を徹底解説!評判や口コミをとことん調査!

スタディングの宅建通信講座 無料講座を見ている写真

スタディングの宅建通勤講座は、紙のテキスト・問題集を全く使わないオールWEBで完結するまさに次世代のEラーニングシステムを採用し宅建受験業界でのシェアを伸ばしている通信講座です。

利用できる環境については、パソコンはもちろんスマホやタブレット端末でも利用できる(むしろスマホ、タブレットに合わせた画面構成)ので、通勤途中の電車の中、外出先での空いてる時間などの生活の中でのスキマ時間をフルに勉強時間にあてることが可能です!

受講料についても、映像講義付き講座としてはかなりリーズナブルなので、独学で試験対策するのとさほど変わらない予算で受講することが出来ます。

本記事では、そんな宅建受験生の間で評判のスタディングの宅建通勤講座の特徴や管理人が実際に無料講座を受講した感想などをタップリ交えて解説していきたいと思いますので一緒に見ていきましょう!

事前にスタディングの公式サイトで予習!

スタディングの宅建通勤講座の概要

講座コース
  • 宅建士合格コース
  • 宅建士合格コース更新版(再受講用)
教材内容
■テキスト
講座オリジナルテキスト(フルカラー)
※WEBテキスト■講義教材
通信講座専用に撮影された講義映像(Web視聴)
サポート内容
なし
eラーニング環境
あり(講義視聴/テキスト閲覧/問題集/学習レポート)
割引制度
不定期でキャンペーン実施あり
キャッシュバック・返金制度
合格祝い金制度あり(5,000円)
教育訓練給付制度(指定講座)
なし
単科受講・オプション受講
なし
サンプル教材の提供
無料講座でテキスト/講義の確認が可能
公式サイト
 スタディングの宅建通勤講座 公式サイト

スタディングの宅建通勤講座の特徴

スマホ完結型でいつでも・どこでも手軽に勉強出来るEラーニングシステムが秀逸

スタディング宅建通勤講座のコンセプトが”仕事で忙しい人が短期間で合格するための講座”なので、その忙しい中でのスキマ時間を最大限に利用し、最小限の学習量で合格する力を身に付けるための学習コンテンツが用意されてます。

講座で利用される映像講義や講義を補完するテキストについては、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレット端末からでも閲覧・視聴が可能となってますので、通勤中の電車の中や昼休みの時間を利用して学習することが出来ます。

また、基本問題集、セレクト過去問集の演習についてもマルチデバイス対応となっており、学習レポート機能を使えば過去の成績の推移や間違ったところだけを再度復習するといった使い方も出来ますので、受験生なら「こういう風に学習したい!」という機能がふんだんに盛り込まれてます。

テキスト 講義
セレクト過去問集 学習レポート
スマホがあれば
他は何もいらない!!!

と、叫ぶのは少しやり過ぎですが、まぁ、それくらいすべての教材がオンラインで完結してますので、学習環境を問わずに勉強することが出来る点はスタディングの最大の魅力と言ってよいでしょう。

試験頻出範囲に的を絞り反復学習で学力をアップさせるカリキュラム

スタディング宅建通勤講座の学習カリキュラムについては、テキストと講義によるインプットを行ったあとはスマート問題集やセレクト過去問集などの演習問題をすぐに行うインプット&アウトプット繰り返し行うカリキュラムとなってます。

ただ、講義を視聴しているだけでは知識が定着しにくいですが、問題をこなすことで記憶の定着率が上がるので、忘れにくい知識として頭に残ります。

また、インプットの分量も試験に合格するための必要な学習量に絞りこまれてますので、それらを時間の許す限り繰り返しこなすことで確かな得点力を身につけることが出来ます。

講義付きの通信講座の中ではおそらく一番安い?

スタディングの宅建通勤講座は、管理人調べですが、おそらく世の中にある宅建の講義付きの通信講座の中では一番安い(もしくは2,3番目?)と思います。

宅建士合格コース
受講料
19,980円(税込)
分割例 月々 ¥1,800 × 12回
教材内容
短期合格セミナー 1回
基本講座(ビデオ・音声) 39講座(合計約28時間)
テキスト(PDF) 39個(基本講座に連動)
スマート問題集 42回
セレクト過去問集 38回
12年分テーマ別過去問集 48回

この安さの秘訣についてですが、まず1つ目の理由としては「すべてオンラインで完結している」点が挙げられます。一般的な通信講座であれば、テキストを製本するコスト、講義などのDVDメディアを作成するコストがかかってきますが、スタディングの場合、それらのコストが一切かからないため、その分受講料を抑えることが出来てるんですね。

2つ目の理由としては、学習コンテンツに直接関係のない経費を極限まで削減している点が挙げられます。例えば教室を持っている学校であればそれらの維持費などもかかりますし、宣伝広告費も結構な予算を割いて行う必要がありますが、スタディングは校舎を持っていない、かつ基本的にはWeb上での口コミをメインに宣伝をしているため、余計なコストは極限までカットしているんですね。

最後に3つ目の理由としては「受講生サポートが付いていない」点です。
人によっては「サポート付いてないのは除外!」みたいな方もおられるかもしれませんが、良いモノを安く提供するための判断として受講生サポートを外したってところだと思います。

ここをプラスと取るかマイナスと取るかは受講される方のニーズ次第になってくるかと思いますが、個人的には安いに越したことはありませんのでプラスイメージで捉えてます。

その他の特徴を公式サイトでチェック

スタディングの無料講座を実際に試してみました!

スタディングの宅建通勤講座では、講座を購入する前にお試しで無料講座を受講することが出来ます。まずはこちらの無料講座を受講してみて、自分に合うかどうかを試してから本受講を判断するって流れがベターかと思います。

というワケで、管理人も試しに受講アカウントを登録して無料講座を試してみましたので、細部をご紹介していきたいと思います。
※スマホで見る人が多いと思いますので、スマホ画面を貼り付けていきます!

ログイン後のトップページ

管理人

管理人
マイページにログインすると、各種お知らせがあり、下のほうに送ると画像のような各学習項目が表示されます。自分自身がどこまで学習したのかがこちらを見ればすぐに分かる点が、とても分かりやすい構成になってます。

WEBテキスト(宅建業法1)

管理人

管理人

こちらは実際に講義の中で使用されるテキストの画面キャプチャ。

まず目を引くのがテキストがフルカラーで作られてる点ですね!図表やイラストによる解説がふんだんに使われてるので、初学者の方でも理解しながら学習を進められる作りになってます。

てゆうか、テキストを読んでいるというよりは、解説系のブログ記事を読んでるような感触なので、普段からWEBページをよく読まれている方だと、ほぼ抵抗ゼロで入っていけそうな感じです。

あと、メモ帳機能も付いてますので、分かりづらいキーワードや単元が出てきたらメモれるように工夫されてます(ちゃっかり背景も変更できます^^)。

講義の画面(宅建業法1)※スマホ横向け

講義の画面01
講義の画面02
講義の画面03
講義の画面04

管理人

こちらは「宅建業法1」の講義映像のキャプチャ。

基本的にWEBテキストの内容に沿った講義が行わますが、テキストだと読み飛ばしてしまいそうなポイントをひとつひとつ丁寧に竹原健講師が解説してくれます。

家での学習であればPCでWEBテキストを別画面で開きながら横で動画講義を流してテキストを見ながらが良さそうですし、電車などの移動中であれば講義動画のみでも電子黒板にテキスト内容が映し出されてますので、それだけでも十分学習効果は得られると思います。

スマート問題集(宅建業法1)

管理人

管理人

こちらはアウトプット教材のひとつであるスマート問題集です。

冒頭で受講者の平均正解数、合格ラインが載ってますので、おおまかな目安にはなります。
また、問題については練習モードと本番モードの2つのモードがあります。(管理人はいきなり本番モードでやりましたが)

問題については一問一答形式でドンドン解いていくスタイルとなっており、最後に採点ボタンを押せば、画像のような結果画面が表示され、正解/不正解、問題の解説の確認が出来ます。

セレクト過去問集(宅建業法1)

管理人

管理人

最後に紹介するのはセレクト過去問集の画面。

作り的には先ほどの通勤問題集と同じ構成となってますが、問題は実際の過去問となってますので、ある程度インプットが終わってから手を付けるのがよさそうな感じですね。

長々とスタディングの無料講座の解説をしてみましたが、管理人の率直な感想としては、インプット教材は、WebページやYoutubeを見ているような感じで「勉強するぞ!」という気構えをせずに取り組めそうな教材であり、アウトプット教材はどちらかと言えばゲーム感覚で出来るので、日常的に使っていけば自然と知識や問題解答能力が付いていくように感じました。

なかなか画像だけだとうまく伝わらない部分もありますので、まずは無料のアカウント登録を行って実際にチェックしてみることをおすすめします^^

スタディングの無料講座を試してみる

スタディングの宅建通勤講座に関する評判・口コミ

口コミのイメージ

実際にスタディングの宅建通勤講座を受講された方々の評判・口コミ情報を色々集めましたので、ご紹介したいと思います。


30代 女性 会社員

講師の音源を、暇さえあれば聴くようにして、あとは過去問を解く訓練をしました
高い授業料を払ってまでは考えていなかったけど確実に合格したかったので、この講座を購入しました。理由は、講師の講義もわかりやすく、隙間時間で勉強できること、手頃な価格、という点です。なるべく、お金をかけずに取得したかったため、ほかの参考書はいっさい無しで、過去10年分の過去問集のみ購入しました。がんばって計画的に学習を進めて、講師の音源を、暇さえあれば聴くようにして、あとは過去問を解く訓練をしました。過去問は科目ごとに印刷されるため、苦手な科目を集中的に取り組めたのがよかったと思います。


40代 男性 士業

この教材だけを使い、全て学習範囲が終われば最短合格出来ると思います

この教材だけを使い、全て学習範囲が終われば最短合格出来ると思います。
スタディングの宅建通勤講座のメリットは以下の3点です。
・価格の安さ
・いつでもどこでも学習出来る手軽さ
・学習コンテンツの量の少なさ
上記のうち、最も重要であるのが学習コンテンツの量の少なさと考えています。
私は、公認会計士資格も保有しているのですが、資格試験に落ちる理由で最も多い理由は、「学習教材の量が多すぎて全て終わらなかった」という事だと思います。
宅建試験には2度目で合格したのですが、1度目はまさにこの理由の通り、「範囲が広すぎて全て終わらなかった」事が不合格の理由でした。
この点、スタディングでは合格に必要な最小範囲に絞ったコンテンツが用意されているため、例えば範囲が広すぎる民法などは手を広げすぎず、重要な宅建業法に学習時間を集中させる事が出来ました。


20代 女性 不動産業

先生の講義は無駄を極力省き重要ポイントにしぼられているので、とてもわかりやすかったです
今年2回目の挑戦、合格点ギリギリで受かりました。昨年は某予備校のDVD講座を受講したもののただ聞き流すだけになってしまい、今考えると必要最低限の知識さえ身についていなかったように思います。
その反省を踏まえ、この講座では講座を聞いたらすぐ問題に取り組み、知識の整理や定着を図ることができました。また、先生の講義は無駄を極力省き重要ポイントにしぼられているので、とてもわかりやすかったです。ありがとうございました!

他にも色々と口コミがあがっておりましたが、共通している意見としては「学習量がちょうど良い」「どこでも勉強できる」「安い」の3つが大半を占めてる感じでした。

ただし、中にはインプット教材/問題演習の量に不満を持たれているような意見もありましたが、スタディングの宅建通勤講座のコンセプト的に満点を狙うカリキュラムではなく合格点を確実に狙うカリキュラムとなってるため、そういった意見が出るのはいた仕方がないところですね。。

まぁ、受験生の評判的な面で言えば良い評判・口コミが多い感じでしたので、一般的にも評価の高い講座だと言えるんじゃないでしょうか。

その他の評判・口コミをチェック

スタディングの宅建通勤講座の管理人的評価

スタディングの宅建通勤講座 評価
教材クオリティ 20pt
カリキュラム 15pt
受講料(安さ) 20pt
サポート体制 5pt
運営実績 15pt
【総合評価:75pt】

教材クオリティ、受講料(安さ)に関しては満点評価としてますが、カリキュラムについてはどちらかと言えば個人の裁量に任されている部分があるため、やや強制力が緩い点を加味して◯の評価としてます。

なお、賛否が分かれるポイントとしては×を付けてるサポート体制がないところになってくるんじゃないかと思います。

通学講座・通信講座を受講する方のうち一定数の方はサポート体制を重視されていると思いますので、逆に言えばそういった方だとスタディングの宅建通勤講座は少し不向きだと言えます。

ただ、スタディングの宅建通勤講座は、独学スタイルの延長線上に位置付けている感じですので、資格試験の勉強法、理解力のビルドアップ方法を知ってる方であれば、かなり強力な武器(教材)になるかと思います。

なので、特にサポートなどは必要とはせず、一通りの教材とカリキュラムを安く手に入れたいという方であれば、スタディングはかなりおすすめの宅建講座だと言えます。

Checkこんな方におすすめです!
  • スマホで勉強出来る環境が揃っている通信講座をお探しの方
  • 講義でしっかりと授業を受けてインプットしたい方
  • とにかく受講料の安い講座をお探しの方
  • 受講生サポートはそこまで重要視していない方

本記事の無料講座の解説でも書きましたが、とりあえず「どんな内容なのか?」を知るうえでも、まずはスタディングの無料講座を受講してみて、自分に合うか合わないかをチェックしてみてください!

公式サイトで無料講座を受講してみる


 

コメントは受け付けていません。

2019年度向け 宅建通信講座の人気ランキング!

 フォーサイト

フォーサイトの宅建通信講座

講座オリジナルのフルカラーテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン映像講義と教材クオリティはピカイチ!サポート体制も充実してるので初学者の方も安心して受講出来るおすすめ講座です!

詳細ははこちら

 クレアール

クレアールの宅建通信講座

合格必要得点範囲を短期間で確実に習得することをコンセプトにした『非常識合格法』を軸に、宅建指導歴27年のベテラン講師の講義で超効率的な試験対策を実現!業界最安水準の受講費用も魅力的です!

詳細はこちら

 スタディング

スタディングの宅建通勤講座

全ての教材がオンライン上で完結している次世代のEラーニングシステムを採用!スマホがあれば通勤途中や外出先での空き時間をフルに勉強時間に変換可能!無料講座があるのでまずはそちらを要チェックです!

詳細はこちら

【目的別】宅建の通信講座を徹底比較!

目的にあった通信講座を比較しよう!
当サイトでは、宅建受験生のさまざまなニーズに対応出来るよう、条件に応じたおすすめの通信講座を以下の記事でピックアップしてご紹介しております!ぜひチェックしてみてください!

【宅建】初心者・初学者向けの通信講座
【宅建】学習経験者・受験経験者向けのおすすめ通信講座
【宅建】スマホで勉強出来るおすすめ通信講座
【宅建】厳選7万円以下!とにかく受講料が安いおすすめ通信講座
【宅建】ニンジン作戦でやる気アップ!合格祝い金・キャッシュバックが付いてる通信講座まとめ
【宅建】教育訓練給付制度の指定講座