【宅建】LEC東京リーガルマインドの宅建講座を徹底解説!評判や口コミをとことん調査!

LEC東京リーガルマインドの宅建講座パンフレット

大手の資格学校の代表格的なLECですが、100個近い資格の対策講座を運営しているまさにマンモス校といっても過言ではありません。

特に「リーガル(法律)」という名前だけあって法律系の資格講座には力を入れており、宅建の資格講座についてもその分類に位置してますので、初学者向けから中級・上級者向けの講座とラインナップも豊富に揃ってます。

本記事では、そんなLEC東京リーガルマインドの特徴や講座コースの詳細、そして評判や口コミ情報などを深掘りして解説していきたいと思いますので、LEC東京リーガルマインドの宅建講座を詳しく知りたい方はぜひ一緒に見ていきましょう!

事前にLEC東京リーガルマインドの公式サイトで予習!

LEC東京リーガルマインドの宅建講座の概要

講座コース
■初学者向けコース

  • プレミアム合格フルコース(通学/通信)
  • パーフェクト合格フルコース(通学/通信)
  • ハイブリッド合格フルコース(通学/通信)

■学習経験者向けコース

  • 再チャレンジ合格フルコース+スーパー合格講座(通学/通信)
  • 再チャレンジ合格フルコース(通学/通信)
  • 寺西知彦のシンプル&ミニマム宅建士合格塾(通学)

■短期集中コース

  • ウルトラ合格フルコース(通学/通信)
  • ウルトラ合格ライトコース(通学/通信)
  • ウルトラ合格大逆転コース(通学)
教材内容
■テキスト
市販教材(出る順シリーズ)+講座オリジナルテキスト・問題集
※学習経験者向けは「講座オリジナルテキスト・問題集」

■講義
収録型の講義映像(通学/Web通信共通)

eラーニング環境
あり(講義視聴)
サポート内容
オンライン質問システムを利用した質問サポート(回数無制限)
割引制度
あり
キャッシュバック・返金制度
なし
教育訓練給付制度(指定講座)
  • プレミアム合格フルコース(通学※/通信)
  • パーフェクト合格フルコース(通学※/通信)
  • ウルトラ合格フルコース(通学※/通信)

通学※・・・通学+Webフォローのコースが対象

単科受講・オプション受講
■単科講座

  • 宅建本試験100日前の大作戦会議
  • 宅建カーニバル

■模擬試験

  • 実力判断模試
  • 0円模試
  • 全日本宅建公開模試 基礎編/実戦編
  • ファイナル模試
サンプル教材の提供
サンプルの提供はないが、おためしWeb講座でサンプル講義の視聴が可能
公式サイト
 LEC東京リーガルマインドの宅建講座 公式サイト

LEC東京リーガルマインドの宅建講座の特徴

大手資格学校ならではの講座数の多さ

LECの宅建講座のラインナップとしては、パックコースは初学者から学習経験者まで対応できるコースが計9講座用意されており、大手資格学校ならではの講座数となってます。

また、ほとんどの講座で通学講座と通信講座が用意されてますので、受講スタイルに応じた選択も可能です。

ただし、逆に講座数が多すぎてどの講座を受講すればいいの?となってしまいそうなんですが、LEC側もそのあたりを察しているのか、受講検討者向けに講座説明会を結構な頻度で実施してるので、そこで自分自身の求めている学習カリキュラム、学習スタイルが含まれているかを確認するのがベターでしょう。

メイン教材は市販テキストだがほぼ講座オリジナルと考えてOK


資格学校の講座の場合、独自で専用教材を作成してカリキュラムを組んでるところが多いですが、LECでは市販されている「出る順宅建士シリーズ」をメイン教材として取り入れてます。

「えっ?市販教材なん?」と反応する方もおられと思いますが、そもそもこちらのシリーズについてはLECが毎年試験傾向を踏まえて作り込んでいるシリーズとなってますので、市販と言いながらも資格学校オリジナルと言っても差し支えはないかと思います。

「出る順宅建士シリーズ」の評判は以下でチェック

宅建試験対策の参考書・テキストのおすすめシリーズ7選

テキストを監修した講師陣が実際に講義を行う形になるので、各解説に関してもより密度の濃い授業を受けならが学習することが出来ます。

なお、講座コースによっては講座専用に作成された問題集やレジュメを使いますので、言わば市販とオリジナルのハイブリッド教材という感じでしょうか。

受講生の合格率は70%以上とかなり高い、けど


宅建試験の合格率は平均15%台と低く10人受けても2人も受からない確率となってますが、LECの宅建講座受講生の合格率は70%以上と一般合格率の約4.6倍と相当高い合格実績を誇っております。

ただし、上記の画像にも載ってますが、「全国公開模試を全て受験」かつ「正答率6割以上」の対象者をもとに出した合格率となってるので、純粋な受講生全体という意味ではもう少し下がるんじゃないかと考えてます。

そうなってくると受講生全体の合格率が気になるところではありますが、正確な情報はないため別のアプローチ方法としてLECの宅建講座のうち教育訓練給付制度の指定講座となっている講座の合格実績を参考情報としてまとめてみました。
※教育訓練給付制度の指定講座実績は厚生労働省管轄の「教育訓練給付制度 検索システム」を使えばチェックが可能

■教育訓練給付制度 指定講座(平成28年度実績)
講座名 受講形式 受講者数 本試験受験者数 受験率 合格者数 合格率
宅建ウルトラ合格フルコース(Web+音声DL)3ヵ月 通学 31人 18人 58% 15人 83%
宅建ウルトラ合格フルコース(DVD・Web+音声DL) 通信 8人 5人 63% 4人 80%
宅建パーフェクト合格フルコース(Web+音声DL) 通学 27人 20人 74% 13人 65%
宅建パーフェクト合格フルコース(DVD・Web+音声DL) 通信 9人 5人 56% 4人 80%
宅建プレミアム合格フルコース(DVD・Web+音声DL) 通信 38人 23人 61% 20人 87%
宅建プレミアム合格フルコース(DVD・Web+音声DL)7ヵ月 通学 83人 63人 76% 41人 65%
宅建再チャレンジ合格フルコース通信(DVD・Web+音声DL) 通信 26人 19人 73% 14人 74%
■受講形式別 実績サマリー
受講形式 受講者数 本試験受験者数 受験率 合格者数 合格率
通学 141人 101人 72% 69人 68%
通信 81人 52人 64% 42人 81%
■全講座 実績サマリー
受講者数 本試験受験者数 受験率 合格者数 合格率
222人 153人 69% 111人 73%

※掲載情報については教育訓練給付制度検索システムより抽出してます

比較対象で考えてた2017年度の実績情報がまだ検索システム側にアップされてなかったため、少しズレますが2016年度(平成28年度)の情報を抽出してみました。

こちらの教育訓練給付制度の給付対象になるには修了認定基準というのがあって、それらをクリアした方のみがカウントされてる結果となってますが、まぁ、公式サイトが出してる合格率とそれほど差がなく、受験までこぎつけることが出来ればかなり高い合格率を誇っていることが分かります。

あと、少し興味深いのが通学と通信とで合格率に10%以上の開きがある点です。

普通に考えたら通学のほうが強制力が働くため、受験率、合格率も高そうなイメージがありますが、意外に通信のほうが合格率が良いという結果となってます。

結果だけ見たら通学よりも通信のほうがおすすめかもしれませんね^^

オンライン学習システム”Online Study SP”でスマホで勉強が出来る

Web通信講座については、LEC専用のオンライン学習システムである”Online Study SP”を使って学習を進めていくことになります。

こちらなんですが、講義動画の視聴以外に様々な機能を備えております。

“Online Study SP”の主な機能
  • TODOリスト機能(やることリスト登録機能)
  • よくある質問のフィード表示
  • カレンダー・講義スケジュール一覧表示機能
  • 画面レイアウトを自由に変更できる機能
  • お知らせ・インフォメーション表示機能
  • 目標期日までのカウントダウン表示機能
  • 「教えてチューター」機能による質問依頼
  • 「教えてメイト」を使って同講座受講生同士の質問依頼
  • 各講座の進捗率表示

学習に関する質問も”Online Study SP”経由で行えばLECの専属スタッフが回答してくれますので、受講生はただひたすら前を向いて勉強に打ち込める環境を用意してくれてる点が非常にイイです。

なお、”Online Study SP”については、SPと付いてるだけあって、スマホやタブレット端末などでも利用できるマルチデバイス対応となってます。

割引制度の種類が豊富&割引キャンペーンが強力

LECでは固定の割引制度、時期の応じた割引キャンペーンなど受講料が安くなるポイントがいくつか用意されてます。

LECの宅建講座 割引制度
  • 早期申込割引キャンペーン(最大25%OFF)
  • 再受講割引(最大45%OFF)
  • 宅建試験再受験者割引(最大25%OFF)
  • 宅建業従事・内定者割引(最大15%OFF)
  • 他社のりかえ割引(最大15%OFF)
  • LEC他資格受講生割引(最大20%OFF)
  • 資格説明会割引(最大5,000円OFF)

「再受講割引」「再受験割引」は他の資格学校でも見かけますが、「宅建業従事・内定者割引」といったちょっとめずらしい割引制度もあり、宅建業に就業中の方、これから宅建業に足を踏み入れる方を応援している部分が感じ取れますね

なお、LECの講座コースは教育訓練給付制度の指定講座になってる講座も多いので、元の受講料がかなり高額な分、上記の割引と教育訓練給付制度を併用すればかなりリーズナブルな受講料に抑えることが出来ます。

その他の特徴を公式サイトでチェック

各講座コースの詳細

先ほどの特徴のところでも少し触れましたが、LECでは宅建の学習レベル、学習スタイル、学習期間に応じて複数の講座コースが用意されてますので、そちらをザッと一覧にまとめてみました。

特に模擬試験の種類については、他の大手資格学校と比べてもかなりの回数を行っており、各学習時期に応じた試験内容であったり、中には0円(いわるゆタダ)で受験出来るものがあったりとバリエーションがかなりあります。

他校では講座受講生のみ受験できる模試等がある中、LECの模試は全て一般募集もされるので、独学受験生はこういった模試を有効活用して実力チェック、弱点チェックをしていくのがベターでしょう。

初学者向けコース

■プレミアム合格フルコース
受講形式 受講スタイル 受講料(税込)
通信 Web通信講座 151,200円
DVD通信講座 162,000円
通学 Webフォロー 178,200円
DVDフォロー 189,000円
■パーフェクト合格フルコース
受講形式 受講スタイル 受講料(税込)
通信 Web通信講座 124,200円
DVD通信講座 135,000円
通学 Webフォロー 145,800円
DVDフォロー 156,600円
■ハイブリッド合格フルコース
受講形式 受講スタイル 受講料(税抜)
通信 Web通信講座 118,800円
DVD通信講座 129,600円
通学 Webフォロー 140,400円
DVDフォロー 151,200円

学習経験者向けコース

■再チャレンジ合格フルコース+スーパー合格講座
受講形式 受講スタイル 受講料(税抜)
通信 Web通信講座 145,800円
DVD通信講座 156,600円
通学 Webフォロー 172,800円
DVDフォロー 183,600円
■再チャレンジ合格フルコース
受講形式 受講スタイル 受講料(税抜)
通信 Web通信講座 108,000円
DVD通信講座 118,800円
通学 Webフォロー 129,600円
DVDフォロー 140,400円
■寺西知彦のシンプル&ミニマム宅建士合格塾
受講形式 受講スタイル 受講料(税抜)
通学 Webフォロー 167,400円
DVDフォロー 178,200円

短期集中コース

■ウルトラ合格フルコース
受講形式 受講スタイル 受講料(税抜)
通信 Web通信講座 108,000円
DVD通信講座 118,800円
通学 Webフォロー 118,800円
DVDフォロー 129,600円
■ウルトラ合格ライトコース
受講形式 受講スタイル 受講料(税抜)
通信 Web通信講座 89,640円
DVD通信講座 93,960円
通学 Webフォロー 97,200円
DVDフォロー 101,520円
■ウルトラ合格大逆転コース
受講形式 受講スタイル 受講料(税抜)
通学 Webフォロー(市販教材不要) 54,000円
Webフォロー(市販教材込み) 59,400円

公開模試

模擬試験 回数 実施時期
実力判断模試 1回 6月
0円模試 1回 7月
全日本宅建公開模試 基礎編 2回 7~8月
全日本宅建公開模試 実戦編 3回 8~9月
ファイナル模試 3回 9~10月

各講座の詳細を公式サイトでチェック

LEC東京リーガルマインドの宅建講座に関する評判・口コミ


実際にLECの宅建講座を受講された方々の評判・口コミを集めてみました。

口コミの傾向としては、LEC専任講師である水野講師に関する内容や模試などの直前対策に関する内容が多く挙がってました。

初学者向け、学習経験者向け、短期集中の3つの受講者ごとで分けてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

初学者向けコースを受講した方々の評判・口コミ

30代 男性
他校の予備校も比較検討した結果、LECで受講しようと思った決め手は、電車や外出先でも手軽に勉強できる教材のフィット感、一目で理解できるわかりやすさ、カリスマ性のある水野講師の講義を受講したかったのが決め手になりました。水野講師の講義は、面白く、わかりやすい講義が特徴的ですが、試験に出る重要分野を中心として教えて頂きとても効率がよく、模試・本試験と自信を持って臨むことができました。

20代 女性
2016年12月、20年来の友人から「宅建資格合格したよ」と電話がありました。その電話のなかで「不動産の仕事一緒にやろうよ!」という友人の一言がきっかけで、現在のFPの仕事をしながら宅地建物取引士の資格を取ることを決めました。その友人から「とても良い先生がいて勉強が楽しくなる!」とLECの水野先生を強く勧められ、言われるがまま受講申込をしました。その言葉の通り水野先生の講義はとても楽しく面白く、笑いながら勉強できて次のDVDが楽しみになる程でした。

40代 男性
独学で勉強するより、論点の理解が非常にわかりやすく、そして覚えられます。効率の良さはお金を払う価値が十分にあります。また、模試のスケジュールがあり、強制的に勉強が進みます。勉強を虫のようにできる人はいいですが、人間そんなに勉強したりしません。講義で強制的に勉強するほうが凡人にはあっています。

学習経験者向けコースを受講した方々の評判・口コミ

30代 女性
DVDを観てみると、民法では、水野先生が面白くわかりやすい講義を、その他では、林先生が実務を交えながら、独学では、曖昧だった知識をしっかりと固めるというような講義をしてくださいました。また、模試・本試験の解き方、勉強したくなくなった時の対処法なども講義の中でアドバイスしてくださり、本試験には落ち着いて挑むことができました。

30代 男性
2015年度の試験では、特に宅建業法で見慣れない問題が出題されたことに戸惑い、結果時間配分に失敗したことが不合格につながりました。その経験から、今年は過去問を繰り返し解くことに加えて、LECの模擬試験を正誤問わずに解き直し、解説を読み、場合によっては基本テキストを読み直して最後まで理解することを重視しました。模擬試験は、難易度は高いですがいろいろな視点から出題されており、良問が多かったと感じています。問題を理解できるまで繰り返し解いてきたことで、本試験ではどんな問題が来ても落ち着いて対応できるという自信につながったと思います。

短期集中コースを受講した方々の評判・口コミ

20代 男性
動画視聴もスムーズで、聞き逃した部分もボタンをワンクリックで数秒前に戻って聞き直すことができ便利でした。パソコンのみならず、スマートフォンでも気軽に受講できるので、勉強に際して時間や場所の制約が全くありませんでした。また、LEC講師の講義は実践的。当然テキストをただ朗読するだけの講義ではありません。テキストを読んでいるだけではなかなか定着しない難解な事柄も、実務の事例やユーモアを交えて分かりやすく解きほぐして紹介してくださるので、講義後のインプット学習も”理解した上で”暗記にのぞむことができ、知識の深い定着に繋がります。

30代 男性
LECを選んだ決め手は、おためしWeb受講制度を活用してみて、自分なりに学習を続けられると思ったからです。特にmp3音声をすぐにスマホ(オーディオブック)に入れ、通勤時に聞けたのが便利でした。またLECは実績もあるので、速習短期コースであっても教材を信頼して勉強できました。私の場合3ケ月という短期間で、いかに勉強時間を確保するかが課題でした。その為の勉強法として、休日にWeb講座動画を超高速で確認し、テキストにポイントを写し、平日は通勤中(電車内、歩行中)にテキストと音声で受講するという形で勉強を進めました。通勤が長いことと1.5倍速で聞いたことで、毎日1講座ずつこなしていきました。理解が十分でなくてもとにかく前に進めることが大切でした。

その他の評判・口コミを公式サイトでチェック

LEC東京リーガルマインドの資料請求をしてみました!

管理人が実際にLEC宅建講座の公式サイトから資料請求の申し込みを行い、入手したのがこちらのパンフレット一式です。

講座パンフレット到着~中身の物色まで

資料請求して届いた封筒
公式サイトから資料請求して約3日間ほどで到着。透明ビニールの外装でややショボい感じはします。
封筒の中身一式
入っているモノ一式です。講座パンフレットと申し込み関連の資料のみでサンプル等はナシです。
講座パンフレットの中身
講座案内パンフレットの中身その1。テキストのサンプルがない代わりにテキストの外観とポイント解説はパンフ内にあり。
ハイビジョンクラスのチラシ
講座案内パンフレットの中身その2。各講座コースのラインナップとそれぞれと詳細が解説されてます。

資料請求してみた感想

講座パンフレットの構成としてはサンプル教材なしのいたってオーソドックスな感じとなってます。ただ、LECの公式サイトだと各講座の特徴解説が微妙にまとまってないので、「確認をする」という点においては取り寄せた講座パンフレットのほうが確認しやすいと思いました。

あと、サンプルが付いてない件についてですが、LECの場合、自社が出版している市販本の出る順シリーズを使ってますので、本屋さんで使用するテキスト内容はチェック出来ます。なので受講を検討してる方は講座パンフレット+本屋で使用テキストをチェックの2段構えがベターだと思います^^

LECの宅建講座の資料請求はこちら

LEC東京リーガルマインドの管理人的評価

LEC東京リーガルマインドの宅建講座 評価
教材クオリティ 10pt
カリキュラム 15pt
受講料(安さ) 5pt
サポート体制 10pt
運営実績 15pt
【総合評価:55pt】

評判や口コミなどで講義を通じた学習に関する良い意見が多かったり、模試が充実している点などカリキュラムとしては良い評価かなと感じておりますが、メイン教材をほぼオリジナルと言いながらも市販教材を使っている点は賛否が分かれるポイントかと思います。

特に「出る順宅建士シリーズ」はどちらかと言えば初学者向けではなく中級者以上向けな印象もあるので、講義や質問サポートでフォローがある点を踏まえてもやや不安が残るポイントになってくるんじゃないでしょうか。

あと、もう1点物申すのであれば、市販教材を使っているワリには受講料がかなりなお値段になってる点もマイナスポイントだと感じます。

割引制度や教育訓練給付制度の合わせ技を使えばそれなりに安くはなりますが、使えなかった場合はなかなか覚悟のいる予算を用意しておく必要があります。

まぁ、費用に見合った合格実績を誇っているので、教材面、費用面で特にデメリットと感じない方であれば受講対象講座として選択肢に入れてもよいかと思います。

Checkこんな方におすすめです!
  • 運営実績の豊富な講座を探している方
  • LECの有名講師の講義で試験対策を行いたい方
  • 初学者よりは学習経験者の方(個人的にはそう感じる)
  • LECの割引制度・キャンペーンが使える方

LECの宅建講座の詳細については、公式サイトでも確認は出来ますが、無料の資料請求でもらえる講座パンフレットに各講座の開始時期や教材の配布時期などのより細かい情報が載ってますので受講をご検討中の方はぜひ公式サイトから資料請求してみてください!

LEC東京リーガルマインドの公式サイトで詳しくチェック

コメントは受け付けていません。

2020年度向け 宅建通信講座の人気ランキング!

 フォーサイト

フォーサイトの宅建通信講座

講座オリジナルのフルカラーテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン映像講義と教材クオリティはピカイチ!サポート体制も充実してるので初学者の方も安心して受講出来るおすすめ講座です!

詳細ははこちら

 クレアール

クレアールの宅建通信講座

合格必要得点範囲を短期間で確実に習得することをコンセプトにした『非常識合格法』を軸に、宅建指導歴27年のベテラン講師の講義で超効率的な試験対策を実現!業界最安水準の受講費用も魅力的です!

詳細はこちら

 スタディング

スタディングの宅建通勤講座

全ての教材がオンライン上で完結している次世代のEラーニングシステムを採用!スマホがあれば通勤途中や外出先での空き時間をフルに勉強時間に変換可能!無料講座があるのでまずはそちらを要チェックです!

詳細はこちら

【目的別】宅建の通信講座を徹底比較!

目的にあった通信講座を比較しよう!
当サイトでは、宅建受験生のさまざまなニーズに対応出来るよう、条件に応じたおすすめの通信講座を以下の記事でピックアップしてご紹介しております!ぜひチェックしてみてください!

【宅建】初心者・初学者向けの通信講座
【宅建】学習経験者・受験経験者向けのおすすめ通信講座
【宅建】スマホで勉強出来るおすすめ通信講座
【宅建】厳選7万円以下!とにかく受講料が安いおすすめ通信講座
【宅建】ニンジン作戦でやる気アップ!合格祝い金・キャッシュバックが付いてる通信講座まとめ
【宅建】教育訓練給付制度の指定講座