【2020年度向け】かなり網羅!宅建通信講座 受講料比較まとめ(資格学校18校分掲載)

各資格学校の2020年度向け宅建試験対策講座の受講対象者や教育訓練給付制度の指定、受講料の情報を本記事にまとめてみました。 情報量がかなり多いためやや見づらいかもしれませんが、各講座の受講料を比較する分には活用出来ますので、講座選びの参考にしてください。 なお、本記事では宅建講座のパックコースのみをピックアップしておりますので、単科講座の情報や講座コースの詳細等については、各資

続きを読む

【2019年度向け】かなり網羅!宅建通信講座 受講料比較まとめ(資格学校21校分掲載)

昨年度に引き続き、各資格学校の2019年度向け宅建試験対策講座の受講対象者や教育訓練給付制度の指定、受講料の情報を本記事にまとめてみました。 情報量がかなり多いためやや見づらいかもしれませんが、各講座の受講料を比較する分には活用出来ますので、講座選びの参考にしてください。 なお、本記事では宅建講座のパックコースのみをピックアップしておりますので、単科講座の情報や講座コースの詳細

続きを読む

「受講料が高い=合格率が高い」は間違い!通信講座の受講料を正しくチェックするためのポイントを解説

宅建の通信講座の受講料は安いもので10万円程度から、高いもので20万円以上と実に2倍もの費用差があります。 もちろん高い講座の方が質が良いと考えるのが普通かと思いますが、そう決めつけてしまうとお金をドブに捨ててしまうことになりかねません。 「高いから良い、安いから内容が薄くて悪い」と決めつけず、それぞれの通信講座の特色を理解し、自分に合った講座を見つけていくことが大事です。 ここ

続きを読む

【2018年度向け】かなり網羅!宅建通信講座 受講料比較まとめ(資格学校22校分掲載)

各資格学校の2018年度向け宅建試験対策講座について、受講対象者や教育訓練給付制度の指定、受講料の情報をこの記事にまとめてみました。 情報量がかなり多いためやや見づらいかもしれませんが、各講座の受講料を比較する分には活用出来ますので、講座選びの参考にしてください。 なお、本記事では宅建講座のパックコースのみをピックアップしておりますので、単科講座の情報や講座コースの詳細等につい

続きを読む

宅建試験の合格率はどれくらい?過去20年分の試験結果をもとに解説

宅建試験は法律系・ビジネス系資格の中では比較的難易度が低く、合格率も高い方だと言われています。 とはいえ、宅建も最近では宅建士(宅地建物取引士)と一般名称が変わったこともあり、司法書士や行政書士といった「先生」と呼ばれるような人達と同じ立派な「士業」になりますので、(宅建は先生とは呼ばれませんがw)合格率も案外低いのではないかと心配しておられる方も多いでしょう。 この記事では、

続きを読む