2018年度(平成30年度)宅地建物取引士試験の合格発表!合格率/合格基準点まとめ

2018年10月21日(日)に実施された2018年度(平成30年度)宅地建物取引士試験の試験結果が RETIO(不動産適正取引推進機構)のホームページにて公表されましたので、こちらのサイトでも情報をまとめてみました。 今年の結果データはもとより昨年の試験結果も洗ってみましたので、去年のデータと見比べながら今年はどんなもんだったのかを見比べれるようにしてみました。 あと、最後に総括も載せ

続きを読む

【宅建】教育訓練給付制度の指定講座の受験率/合格率をまとめてみた

厚生労働大臣の指定する教育訓練給付制度の指定講座をご存知でしょうか? こちらは給付制度という名前の通り、制度を利用できる方であれば受講修了後に受講料の最大20%が給付金として支給される制度となっておりますが、この指定講座に認定されていること自体、講座カリキュラム/受講期間/講座実績(合格率)が国が定める基準を満たしている証(あかし)でもありますので、まさに優良講座であることの裏付けが

続きを読む

宅建試験の難易度はどれくらい?他のビジネス系資格と3つのポイントで比較してみました!

宅建試験の難易度については、当サイトの「宅建試験の合格率はどれくらい?過去20年分の試験結果をもとに解説」の記事でもご紹介したように、近年の合格率は15~17%あたりとなっており、決して易しい資格試験とは言いがたいと思います。 しかし、一般的には「宅建は全然難しくないよ~」という意見も多くあり、実際のところどの情報を信じればいいのか気になるところでしょう。 そこでこの記事では、宅建試験

続きを読む

宅建試験の合格率はどれくらい?過去20年分の試験結果をもとに解説

宅建試験は法律系・ビジネス系資格の中では比較的難易度が低く、合格率も高い方だと言われています。 とはいえ、宅建も最近では宅建士(宅地建物取引士)と一般名称が変わったこともあり、司法書士や行政書士といった「先生」と呼ばれるような人達と同じ立派な「士業」になりますので、(宅建は先生とは呼ばれませんがw)合格率も案外低いのではないかと心配しておられる方も多いでしょう。 この記事では、

続きを読む